SCROLL DOWN

MOVIE

動画一覧

爆発的飛距離、高次元の潜行能力、抜群の障害物回避能力。
すべての機能を兼ね備えた
次世代重心移動システム「マグバレット」搭載のバレットクランクに5+が登場。

14Lbs.ラインのキャスティングで潜行深度5.5mに到達。
「マグバレット」搭載で平均飛距離50mオーバーを記録。
ニューフリクションリップ搭載で、ワームに反応しないバスもリアクションバイト
に持ち込む高速リトリーブにも対応。

ボトムへのタッチ感や、動き出しのキレ。引き抵抗の軽減等
黒須和義プロが限界まで使いやすさを追求。
リザーバーのミッドサマーでもディープクランキング大活躍です!
あらゆるフィールドを攻略し、次々にバイトを誘発します。
その性能を是非実感下さい。

大変ご無沙汰しております。令和になって2回目のニンぶらです!
今回は琵琶湖にて、ミノーフラット130mm全力推しの回となります。
ただ巻き、トゥイッチ、ジャーク、デジ巻きなどあらゆる誘いに抜群の
操作性で応える「ハードコアミノーフラット130」。
是非、参考にしてみて下さい。

「ハードルアー縛りでバスを釣る」動画企画の最新回です!(Vol.39)
この動画企画は、吉本芸人のしもばやし氏(ファミリーレストラン)がナビゲーターを務め、様々なアングラーから釣り方をレクチャーしてもらいます。
バス釣りの楽しさや魅力・アクションテクニックからルアーカラーの選び方などなど、内容盛りだくさんでお送りします。

今回は前回に引き続き石川県、舞台は河北潟。
河北潟の隅から隅まで知り尽くしている市村プロの攻略術とは?


そして、番組からは「今回で最終回」の発表が・・・
果たして最後の釣行はどんな釣行になるのか!?

今まで見て下さったみなさん、一年間ご視聴ありがとうございました!
最後の動画もお楽しみください!!

「ハードルアー縛りでバスを釣る」動画企画の最新回です!(Vol.38)
この動画企画は、吉本芸人のしもばやし氏(ファミリーレストラン)がナビゲーターを務め、様々なアングラーから釣り方をレクチャーしてもらいます。
バス釣りの楽しさや魅力・アクションテクニックからルアーカラーの選び方などなど、内容盛りだくさんでお送りします。

今回の舞台は石川県の串川でオカッパリ!
市村プロのお膝元のこの場所で、オカッパリの攻め方を教えてもらいます。
とはいえ、最近は串川で釣果を上げていないという市村プロ。果たして釣れるのか!?
そして、恒例となってきた「しもチャンス」。今回は初クリアとなるのか!?

釣りだけじゃない! 笑いあり! 感動あり!? 名言あり!?
是非、最後までお楽しみください!

平日サラリーマン&霞ヶ浦バスプロアングラーの村川勇介(ムラユウ)のバス釣り動画「ムラユウでございバス。」
お待たせしました!久々のございバス!
今回は、村川プロのホームフィールド霞ヶ浦で春バスを狙います。
プレッシャーの高い人気スポットで貴重な1匹をゲットした村川プロ。
秘密はプラグのアピール力にあり!?
状況を読んだルアーセレクト、陸っぱりのメリット等、為になる情報満載です。
是非ご覧下さい♪

「ハードルアー縛りでバスを釣る」動画企画の最新回です!(Vol.37)
この動画企画は、吉本芸人のしもばやし氏(ファミリーレストラン)がナビゲーターを務め、様々なアングラーから釣り方をレクチャーしてもらいます。
バス釣りの楽しさや魅力・アクションテクニックからルアーカラーの選び方などなど、内容盛りだくさんでお送りします。

今回の舞台は春の琵琶湖。登場するのはもちろん黒須プロ。
まだ暖かくなりきっていない琵琶湖をどう攻めるのか?
ディープクランクの効率の良い使い方とは?
そして、番組史上最高サイズのバスをゲットしようと意気込む2人は記録更新できるのか!?

釣りだけじゃない! 笑いあり! 感動あり!? 名言あり!?
是非、最後までお楽しみください!

今週はリポーターの加納永美子が黒須和義さんと、奈良・風屋ダムでハードベイトを使ったシャローの釣りを楽しむ。
使用するのはポッパーとミノー。風も濁りもなくルアーには適した状態とあってバイトやチェイスが連続する。
目測では前日から70~80センチ減水しているため、バスは岸際から少し沖に出て浮く傾向にある。そこを読んでキャストした黒須さんがポッパーでグッドサイズを連発。
一方ポッパーで不発だったエミコがミノーでは連発。40センチアップもヒットし最近の好調ぶりを発揮する。

今週はリポーターの加納永美子が黒須和義さんと高知・大渡ダムを初釣行する。
黒須さんの前日下見の結果、数はいるが少し難易度高めかもと予想。まずはポッパーでトップ狙いからスタートするが反応はない。
ならば少しレンジを下げようとジャークベイトで水面直下を探ったところ、エミコのルアーに2匹のバスがチェイスする。これをヒントにアタリが出始める。
数日前の大雨から水がクリアになってきている途中のためバスの警戒心が強い。日陰エリア、木や岩の隠れポイントなどにルアーの動きを弱くして誘いをかける。
最近ジャークベイトを得意とするエミコは、この日もグッドサイズをヒットし好調をキープする。

今週はリポーターの加納永美子が番組初登場の黒須和義さんと和歌山・合川ダムを釣行する。
黒須さんはポッパー、エミコはミノーでシャローを狙う。小バスではあるが水族館並みにチェイスが多い。そんな小バス相手にウォーミングアップを済ませた2人はサイズアップを狙うことに。
最近調子の良いのエミコはこの日も好調を維持。黒須さんより先に今日イチサイズをヒットする。
黒須さんによると、バスはアフタースポーンで上目線。ただ理想的な表層バイトに至っても産卵から回復しきっていないためか吸い込みが甘くバラシを連発してしまう。
しかしバラシからこの日のキーエリアを把握し、遂に狙っていたビッグバスをヒットする。

今週はリポーターの村瀬みずきさんがセンドウタカシさんと愛知・入鹿池を釣行する。
入鹿池は東海地方の人気フィールドだが、センドウさんが来るのは10年以上ぶりということで事前情報なくスタートすることに。
流れのある階段エリア、支流のバックウォーター、スポーニング絡みの浅場などスピーディーに探っていく。
風の当たる岬周辺では回遊バスに期待する。すると突然のヒットで待望の1匹をゲットする。
しかし午前中に全域をチェックしたものの、センドウさんはまだ入鹿池を掴み切れない様子。そして最後に狙いを定めたのは回遊バスを見つけた岬周りだった。

今回の舞台は青野ダム。登場するのは、青野おなじみの徳永さん。
減水している青野ダムをどう攻略するのか?
「春」を意識したバスをどう攻めるのか?

前回見事バスをキャッチした2人。更なる釣果を目指します!
今回のキーポイント「カレント」をどう攻略するのか?
そして、しもちゃんのロッドに最後、大きな手ごたえが!!

日本プロスタッフ黒須和義氏とMLF、B.A.S.Sで活躍するUSプロスタッフのリクエストをもとに
日米開発チーム一丸となって遂に完成した7mオーバーダイビングエクストラディープクランク。

長い月日を経て、いかにしてバレットクランク7+が完成したのか
実釣を含め、その性能に迫る。

今回の舞台は徳島県旧吉野川。しもちゃんに教えてくれるのは二度目の登場、井原浩二さん。
キーポイントは「プリスポーン」と「カレント」。井原さんはどうやって攻略するのか!?
旧吉野川ではまだ釣果を上げれていないしもちゃんは初バスGETできるのか!?

前回に引き続き、黒須プロと琵琶湖 後編。
前回クランクベイトで見事50cmを釣り上げたしもちゃんに黒須さんも大喜び!
そしてあとに続きます!
黒須プロの言うバスが食うタイミングとは?効果的なルアーカラーチェンジとは?
果たして今回はどんな釣行になるのか、お楽しみください!

ページ上部へ